趣味からプロまで
爪を整える

ネイリストという名称は日本ネイリスト協会の発案のもとに広まった呼称で、国家資格や公的資格などはありません。
養成講座や、業界団体が認定しているスクールで講習を受け、技能を習得するものです。
スクールは基本的にはネイリストであるプロが開いているところが一般的になります。
ネイルサロンの経営者がスクールを開いていたり、有名なネイリストが主催者の場合などがあります。
スクールは、最短3カ月から1年程度と幅があります。
また働きながら学びたいという社会人や、主婦が自由な時間に通えるように、フリーな時間制をとっているところが大半です。
ネイリストは爪の美容と健康、手入れ(足の巻き爪などのケア)の知識をもち、つけ爪やネイルアートなどの技術をマスターしていなくてはなりません。
資格はありませんが、日本ネイリスト協会の検定を受け、技術者としての認定資格を取ることができます。
ネイリストのスクールでは開業までをサポートしてくれるところがあります。
またサロン主催者が運営しているスクールでは、提携のサロンへの就職という道もあります。
ブライダル産業でも、ネイルの技術をもったヘアメイクアーティストの需要が高まっています。
美容産業のあらゆる場面でネイルの技術が求められています。
スクールの中には、独立を目指している人を対象にしているところもあります。
国内外のコンテストの入賞者を多数輩出と書かれていれば、そのスクールは個人で独立したネイリストを育てるコースが充実しているとわかります。
協会では、次世代の養成と地域のネイル業界の活性化を目指して毎年全国でコンテストを行っています。
大都市圏ではなくとも、各地域で活動している人や、自宅でサロンを開業している人などを積極的に後援しています。
ネイル業界は、日々進歩していて、ネイルの素材も進化し、技術も進化しています。
そのため、ネイリストになってからも、スクールでの講習などに参加し、新しい素材の扱いをマスターしたり、顧客の要望に応えられるように技術を磨き続けていかなくてはなりません。

オススメリンク

爪を研ぐ

自宅で開業する

ネイルはとても女性に人気を集めています。
ネイリストになりたい高校生はたくさんいますので、専門学校に行く人が多いです。
そこで、高校生ではないけど、子育てをしながらネイルについて学びたい方、子育ても終わり、何か勉強したいと思っているママさんにおすすめなのが、ネイルスクールです。?Read more

関連リンク

最新の投稿
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年12月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031